筋肉筋肉のついたがっしりした体型にあこがれる人は多いです。太っている人は、栄養をたくさん吸収できる体質なので、筋肉をつけることもそれほど難しくはありません。ですが、痩せている人が筋肉をつけるのは時間がかかります。

痩せている人は、栄養を吸収しづらい体質であることが多いからです。たくさん食べても、筋トレをしても、思うように筋肉がつかないことがあります。痩せている人ががっしりした体型になるには、どうしたらいいのでしょう。

体つきは身長にも関わってくる

体型次第で、見かけの身長は、実際の身長よりも高くなったり、低くなったりします。肉付きの良い人は、全体的に大きく見えます。逆に、すごく痩せている人は、全体的に小さく見えます。背が低くて痩せている人は、実際よりもさらに背が低く見られがちです。

身長は簡単には変えることができません。ですが、体の太さは、自分である程度コントロールすることができます。

背が低いことをカバーできる

男性の場合はとくに、背が低いのがコンプレックスになっている人が多いです。背が低くて痩せている場合、実際の身長よりも小さく見られてしまいます。

女性は、自分より体重が軽い人や、背の低い人を恋人にしたくないという人が大半です。背が低くて痩せているだけで、女性の恋愛対象から外れてしまうことがあります。細い男性の隣に並ぶのは、自分のスタイルに自信のない女性にとってはかなり酷なことです。

細い人の隣に並べば、普通の人でさえ少し太って見えます。細身でありたい女性は多いですから、細い男性がモテないわけです。

筋肉や脂肪をつけて、少しでも体を大きくすることができれば、小さくて軽いイメージが緩和されます。筋肉のついたがっちりした体になれば、身長の低さをカバーすることができます。

背が高くて細いと、より細く見える

背が高くて痩せていると、全体的に細長くなって、より細さが強調されます。手足が異常に長く見えることもありますし、病的なイメージや、痛々しさが生まれます。神経質そうなイメージや、頼りないイメージもつきやすいです。

基本的に、背の高さというのは女性からプラスの評価を得られます。ですが、痩せすぎていると、総合的に評価はマイナスになってしまいます。ほどよく脂肪や筋肉がついていれば、モテ体型になれるのに、もったいないことです。

筋肉をつけながら、体づくりをしよう!

ある程度がっしりした体型になるためには、筋肉をつける体づくりを意識しましょう。脂肪をつけるのは、筋肉をつけるよりも簡単です。ですが、脂肪ばかりを増やすのは健康にも良くありませんし、モテ体型にはなれません。

太るというよりは、体づくりをするということを意識してください。体づくりをするには、太るためだろうと、痩せるためだろうと、食事と運動の2つの生活習慣の改善に同時に取り組む必要があります。

タンパク質を中心に

筋肉をつくるためには、食事からタンパク質を摂取することが大切です。太りたい人は、脂肪も同時に摂取できる、肉類を食べると良いです。

体重を増やしたくても、脂肪分や糖分の多い洋菓子などをたくさん食べるようなことはやめましょう。脂肪ばかりが増えてしまいます。病気の原因にもなります。筋肉をつける体づくりをすることを忘れてはいけません。

米などの炭水化物や、野菜類もしっかりと、バランス良く食べましょう。食べる量を増やしても、筋肉どころか脂肪すらつかないという人は、栄養の吸収が悪い体質です。太るサプリを利用しながら、体づくりのための食事を続けてください。

運動や、筋トレを取り入れる

運動は、筋トレなどの無酸素運動をメインに行うと良いです。太い筋肉を作ることができます。マラソンやウォーキングなどの有酸素運動では、太い筋肉ではなく、細い筋肉が作られるため、体は大きくなりにくいです。

また、有酸素運動は脂肪を燃焼します。マラソンやウォーキングは、痩せたい人向けの運動です。痩せすぎを解消するためには、ある程度の脂肪もつけなくてはいけません。脂肪を燃焼させる運動よりも、筋肉をつける運動を多く行ってください。

食事と運動で体型を変えよう

がっしりした体型になるためには、食事内容を改善し、筋トレを中心とした運動をすることが大切です。食事量を増やしても体重が増えにくい場合は、太るサプリの利用が有効です。あらゆる手段を使って、できるだけ効率よく体重を増やしていきましょう。