太りたくても太れない痩せたいと言う人が多い中、太りたくて悩んでいる人もいます。太るためには、たくさん食べればいいわけですが、たくさん食べても太れないという声も上がっています。どうして太れないのでしょう。

食べたものが吸収されにくい体質なのかも

多くの人は、高カロリーのものを食べたり、たくさんの量を食べたりすると、それに応じてカロリーを吸収します。栄養素によっては、1度に吸収できる量が決まっているので、たくさん摂っても、吸収しきれず、体外へ排出されるものもあります

ですが、体内に脂肪として蓄積されるような栄養素は、食べれば食べた分だけ、体内に吸収されます。太りにくい体質の人は、脂肪として蓄積される栄養素も、吸収が悪いのかもしれません。

消化の働きが悪い

食べたものがきちんと消化されていないと、栄養が吸収されにくいです。消化しきれない原因のひとつとして、食べ物をあまり噛まずに飲み込んでいることがあります。

十分に食べ物を噛み、細かくしてから飲み込めば、消化しやすくなります。少し気を使えばできることなので、食事をする際には、十分に食べ物を噛むように気をつけましょう

食べ物も選ぶようにしましょう。できるだけ消化しやすくて、エネルギーになるものを中心に食べるようにします。脂肪は体内で分解して吸収するのにエネルギーを使うので、脂肪分の多い食べ物はあまりおすすめできません。

ケーキや揚げ物などは、太れそうに思われますが、食べ過ぎないようにしましょう。炭水化物を中心に、おかずが充実した、バランスの良い食事をしてください。

胃腸が弱い

胃腸が弱っている場合も、太りにくいです。お腹を下すことが多かったり、胃がむかついたり、痛くなったりすることはありませんか。胃下垂の人も、太りにくいです。

胃腸は健康な状態に治しましょう。胃が弱っているときは、食べていないとムカムカしたり、痛くなったりすることがあります。食べれば治ると思って、食べることを続けていると、状態が悪化することがあります。

調子がおかしいと感じたら、胃を休ませる時間をつくり、おかゆやりんごなど、消化のいいものを食べて様子を見ましょう。空腹にして、胃を休ませることで、本当の胃の状態が分かります。

食べて痛みなどがなくなるのは、治っているからではありません。食べることで、胃が強制的に働かされ、痛みがごまかされているだけです。必要があれば、病院を受診したり、胃薬を飲むなどして調子を整えましょう。

ストレスが関係していることも多いです。心当たりがあるなら、ストレスをため込みにくい生活に改善する必要があります。

摂取カロリーを消費カロリーの差がないのかも

太るためには消費カロリーよりも、摂取カロリーを多くしなければいけません。差が生まれなければ、太ることはできません。消費カロリーを減らすのは、あまり健康的なことではないので、摂取カロリーを増やせるよう、努力していきましょう。

消費カロリーが多い

胃腸の状態も良く、人並みの量の食事を食べているのに太らない人は、代謝が高かったり、活動量が多かったりして、消費カロリーが高いのかもしれません。

日頃からスポーツなどをやっていて運動量が多い人は、消費カロリーが高いです。運動で消費する分以外にも、筋肉量があるので、代謝もいいです。その分たくさん食べないと、太れないどころか痩せていってしまいます。

ですが、太りたいからと言って、運動を止めた方がいいわけではありません。筋肉量があることはいいことです。筋肉があった方が、太ったときに、きれいなボディラインができます。

食事で調節できるのが1番いいのですが、量を増やすにも限界があることでしょう。十分な量を食べていると感じるなら、運動量を少し減らしてみて下さい。消費カロリーが抑えられれば、太れるようになります。

食べる量が少ない

食事の量を、周囲の人と比べてみることも大切です。食べる量が少ないと感じたり、指摘されたりしませんか。1日3食、しっかり食べていますか。食事を抜いたり、軽く済ませてしまったりすると、それだけで1日に必要なカロリーに達しなくなってしまいます。

ご飯を茶碗1杯、汁物をお椀に1杯、野菜を100グラム程度、たんぱく質系のおかずを、手のひら程度の量が、一般的な1食の量です。これよりも量が少ない人は、小食だと言えます。

小食の人は、いきなりたくさんの量を食べることはやめましょう。できるだけ毎日、食事の時間を同じにし、3食きちんと食べるようにしてみて下さい。お腹がすくリズムがつくれるようになります。食べる量は、少しずつ増やしていくようにしましょう。

炭水化物やスープ、飲み物は、お腹が膨れてしまうので、できれば食事の後半に食べるようにしてみて下さい。   
関連記事はこちらから『健康的に太る方法とは?食事の量は?ストレスは関係あるの?

太るサプリで解決できる

運動量を減らして消費カロリーを抑えることは、健康上、できるだけしたくないものです。アスリート並みなど運動量が極端に多い場合でない限りは、消費カロリーについてはそれほど意識しなくても大丈夫です。

摂取カロリーを増やしましょう。甘い物や脂っこいものではなく、栄養バランスのいい食事からカロリーを摂取して下さい。

太れない原因の多くは、消化や吸収にあります。消化や吸収を良くするには太るサプリを利用するといいです。たくさん食べても太れないと感じていたり、あまり量を食べられなかったりする人は、太るサプリを試してみて下さい。