食欲上げる太るためにたくさん食べたくても、あまり量を食べられないこともあります。周りから、「小食だね」「だから細いんだよ」などと言われ、嫌な思いをしたことがある人もいるかもしれません。

言った本人に悪気がなくても、言われた方は傷つくこともあります。たくさん食べたくても、食欲がでなかったり、すぐにお腹がいっぱいになったりする人はどうしたらいいのでしょう。

痩せすぎの体をなんとかしたい

恋愛をする上で、痩せすぎている体をなんとかしたいと思っている人は多いです。痩せすぎていると、異性としての魅力に欠けてしまいます。

細すぎる男性は、頼りなく見えます。自分よりも細い人とはつき合いたくないという女性も多いです。

また、女性は痩せすぎているとバストが小さいです。体の骨が浮き出ているようでは、女性らしいやわらかな感触がなくなってしまいます。男性から人気があるのは、ある程度ふっくらした体型です。

食べる量を増やす

普段からあまりたくさん食べられない人にとっては、食べる量を増やすのはけっこう大変です。一度にたくさん食べようとするのではなく、一日を通して、総合的に量を増やせるようにしましょう。

一食の量は、無理に増やさなくても大丈夫です。お腹がいっぱいだと感じる量をしっかり食べていれば、最初のうちは少なくても焦る必要はありません。ただ、食事を抜かないようにしてください

時間がなかったり、お腹が空いていなかったりすると、食事を抜いてしまうことがあります。とくに休日は、朝食と昼食が一緒になっていませんか。食事の回数が減ると、一日を通して食べる量が総合的に減ってしまいます。

一度に食べる量を増やすのではなく、食事の回数を一日三食、きちんと確保するようにしましょう。毎日同じ時間に食べることを徹底していれば、自然とお腹が空くリズムがつくれるようになります。まずは一週間、同じ時間に三食きちんと食べるようにしてみてください。

食べたものを吸収できる体にする

胃腸の調子はどうですか。食べたものがしっかり吸収できないと、せっかく量を食べても意味がなくなってしまいます。胃腸を健康な状態に保ちましょう。胃腸の調子が悪いと感じたら、リンゴやバナナ、おかゆなど、消化の良いものを食べるようにしましょう。

太るサプリを飲むと、栄養の吸収を良くすることができます。インターネットで簡単に購入できるので、試してみて下さい。

体を冷やさないようにし、適度に運動をすることも大切です。規則的で健康な生活をおくれば、体の調子が良くなり、栄養をしっかり吸収できるようになります。

太るための食事

甘い物やあぶらっこい物を大量に食べるようなことはやめましょう。脂肪ばかりがつくような食事では、いい太り方はできません。不健康です。病気の原因にもなります。

炭水化物やたんぱく質、野菜をバランスよく食べることが大切です。カロリーの高い、太りやすそうな物をたくさん食べればいいという訳ではありません。

早起きをして朝食を食べる

一日の食べる量を多くするには、早起きが有効です。理想は六時ですが、遅くても七時には起きるようにして下さい。人間は、前回の食事から六時間以上経つと、お腹がすくようになっています。

起きる時間が遅いと、昼食と一緒になってしまいますし、時間にゆとりがなく、満足のいく朝食が食べられません。夕食を通常の時間に食べていれば、朝は六時間以上何も食べていない状態なので、時間にゆとりがあれば、必ず空腹を感じます。

早起きをして、時間にゆとりを持ち、朝食をしっかりと食べるようにして下さい。朝食を食べれば、目が覚めて脳が活発に動き出すので、午前中から活動的になれます。
関連記事:『ふっくらした体型になるにはどうしたらいい?

バランスよく食べる

できれば一品料理を避けて下さい。ラーメンやパスタ、どんぶりなど、一品のみの料理は栄養が偏りやすいです。食べてはいけないわけではなく、食べる際には、おかずを複数添えれば問題ありません。

朝も、トーストだけで終わるのではなく、野菜やたんぱく質も食べるようにしましょう。時間にゆとりを持つことが大切です。時間にゆとりがあれば、食事を準備したり、ある程度の量を食べたりすることができます。

たくさん食べたいなら、活動的になろう

一食の量を増やすのは難しいです。それよりも、食事の回数を増やして一日の総合的な食事量を増やすことを意識しましょう。そのためには、朝食がカギになってきます。

早起きをして朝食をしっかり食べ、活動的な日々を過ごしてください。食事の時間を決め、リズムがつくれれば、自然とお腹が空くようになり、一食の量も増やしていくことができます。